手作り生活に憧れて....


by Buongiorno2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

end of my voyage

d0092347_17334229.jpg
少し早いけど、クリスマス用の贈り物を作ってみました。
教室での完成品がいつもの通り、裏切らないです。

White Christmasへの期待ができそうな、
そんなクリスマスを君にも、
そしてブログを見に来て下さった方々にも、
画像からの贈りものを楽しんでいただけたら、うれしいです。

自己満足でしかないブログの始まりでしたが、
得るものが多くて、自分にない新しい何かを見つけたことも
大きな収穫といえます。

心で描くことのもどかしさから、しばらく休止することにします。

早いこと、2006年も終わりに近い。
1986年の私を....逢いに

どうか、再開する日まで......
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-12-13 18:11 | Life

the year-end party

おいしい仕事の居酒屋特集が大変興味深かった。
これまで居酒屋さんに行くと必ず出てくる「お通し」を断ってもいいなんて考えたことはないので、意外なところを掘り起こしをしてくれた。
居酒屋の席代みたいなものと解釈しているようだけど、実際店側で勝手に出されたお通しをお客様の好みに合わない、食べずにそのまま捨てられるのは、ある種浪費ではないだろうか?お通しは、お酒を注文してから料理が運ばれてくるまでのつなぎだとしたら、この小さな一品で店側の良し悪しを判断する材料として使えないわけじゃない。
お店によっては、種類を充実して、選択肢を増やす等の工夫がされている。また、お通しを断っても、「大人気ない」と見られることもない。銭をケチして断ると考えるよりも、食べ物を粗末したくないからと考えてほしいものだ。
どちらにしても、私のような居酒屋に入って、ただ食事するだけで、お酒を飲まない人もいるんだから、意向を尊重してくれるお店じゃなければ、嫌な気分になってしまうことは十分了解しているので、その辺は特に心得ている。

そうこうしているうちに、忘年会の出席回覧が回ってきた。本社に近い横浜のXXホテルでやるらしい。うん、とりあえず、お昼しょう~

牛たんシチュー定食
d0092347_14503595.jpg

d0092347_14504836.jpg
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-12-13 14:37 | グルメ

Crybaby

d0092347_2011208.jpg葱油餅(葱入パイ)には私なりの思い入れがある。

いつもなら、通学道の脇でトランクを改造した一風変わった屋台の上で、葱油餅を焼いて商売をしているご夫婦。その前を通ると匂いにつられ、ついつい財布が緩んでしまう。1枚10元程度で、タレは2種類あって、どちらでも自由にかけて食べるスタイルは、子供にも大人にも大人気のスナックなのだ。

甘タレによく使われている醤油膏 【とろみ醤油】 
店によっては、秘伝のタレという企業秘密が隠されているから、一般的にはやはり門外不出。
いろんな料理に使える醤油膏は、万能調理料みたいなもんで、
我が家ではピータン豆腐の上にかけたりして食べる。

この日、思い出の味を再現してみた。形がなってないのはよ~くわかる。
失敗作かと思って諦め半分で口にしてみたら、案外いけてる。
モチモチしてる食感が学生時代よく食べていた葱油餅を思い出してくれた。

当時、1枚10元で一日何枚売れたら生計を立てられるか、と詮索していたこともある。
大変な商売にみえたけど、それでも滅多に休まない仲睦まじいこのご夫婦と少ない会話を交わす程度なのに、身近な人のように思えて、当時荒れていた私の胃袋だけではなく、
心も癒された記憶が、いまここに生きている。

また、覗いてみよう。もう屋台をたたんで、この地を離れたかもしれないけど、
それはそれでいいの.....
もっと幸せな暮らしを送っていれば、
どこへ行っても家族と一緒ならば.......

それがイチバンいい.....d0092347_20123520.jpg
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-12-12 20:05 | 台湾関連

Ephemeral Dream

人に夢と書いて、【儚い
何故か、この漢字の意味とオトの響きに共鳴するものがある。
よく人生は、儚いと言われるのが、どこからか夢ばかりをみてはいられないような
そんな教えが込められている、ニュアンスさえ感じずにいられない。

手帳には落書きした歌詞を見つめながら、自己満足しかすぎないこの行為は、
いつになって日本語の歌詞でも書いてみよう、とひそかに夢へと移行。
けれど、そんな自分のユメは、儚いものとなってしまうだろう、結局......

限りある文字の中で凝縮された感情の世界が紛れもなく無限で、
そんなスキマスイッチの「アカツキの詩」に込められたメッセージは私に読み取れるのか?
ずっと、ずっと耳で聴いていよう....
そして、そして心で感じてみよう.....

大切にしたくて 言葉で縛って がんじがらめ
絡まった中には 君の影も見当たらない

守ろうとした 手のひらで 握りつぶしてしまうよ
ただ 君がいればいいのに こらえ切れずこぼしてた
夜が 少し遠くなった


歌を聴きながら、自力本願のマヒィンを作った。
ハンドミキサーを片手に、室温に戻したバターをクリーム状に練り、
そこに50gの砂糖を加えてさらに混ぜ合わせる。
卵一個分を3回に分けて、入れてから分離しないようになるまで混ぜる。
薄力粉100gとBKを振るい合せたものを加えて、粉がなくなるまで混ぜてから、
牛乳少々で仕上げる。
ここに、レモン汁を入れたりすると、風味が一層豊かになる。

トッピングにブルーベーリーを入れ、200度のオーブンで20分焼く
d0092347_1137758.jpg


クリスマスバージョンにして、贈り物にもよさそうな感じ
d0092347_11372199.jpg
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-12-11 12:17 | 思考

wedding souvenir

台湾の喜餅(日本の引き出物に近いもの)は、これほど進化を遂げているのは知らなかった。
これまでの四角いの鉄箱から、重箱へと変化し、質量はもちろんのこと、重量もだいぶ増えてきた。その分、品物の値段が跳ね上がってはいるけど、人生一大事の結婚ともなれば、お金のことよりも、体面が重視され、見た目も味もいい品物を選んでしまう傾向にあるように思える。
喜餅(si3 bien4)の中身は、種類の様々なクッキーとお菓子が敷き詰められている。
まさに、宝石の幸せ箱じゃ~

箱全体のデザインから包装まで、緻密な計算があってからこそ、
お嫁に行く女性たちの心を魅了している。
競争の激しいウエディング 業界では、毎年新しい客を獲得する戦略を考えて、生き残りをかけている熾烈な戦いが繰り広げられている。
そんな中、評判がよさそうな郭元益の黄金喜餅は、食べるのはもったいないほど、精巧に出来ている。
娘を嫁に出すご両親のお気持ちがいっぱい詰まっている喜餅なので、
ありがたく頂戴いただきました。

「おめでとう、お幸せに.........to you」
「......你一定會幸福(ni3 yi2 dien4 hue4 xien4 fu2)」

名実ともに黄金喜餅
d0092347_19192648.jpg

一段目
d0092347_19194059.jpg


二段目
d0092347_19194895.jpg
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-12-07 20:17 | 台湾関連