手作り生活に憧れて....


by Buongiorno2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:思考( 8 )

Ephemeral Dream

人に夢と書いて、【儚い
何故か、この漢字の意味とオトの響きに共鳴するものがある。
よく人生は、儚いと言われるのが、どこからか夢ばかりをみてはいられないような
そんな教えが込められている、ニュアンスさえ感じずにいられない。

手帳には落書きした歌詞を見つめながら、自己満足しかすぎないこの行為は、
いつになって日本語の歌詞でも書いてみよう、とひそかに夢へと移行。
けれど、そんな自分のユメは、儚いものとなってしまうだろう、結局......

限りある文字の中で凝縮された感情の世界が紛れもなく無限で、
そんなスキマスイッチの「アカツキの詩」に込められたメッセージは私に読み取れるのか?
ずっと、ずっと耳で聴いていよう....
そして、そして心で感じてみよう.....

大切にしたくて 言葉で縛って がんじがらめ
絡まった中には 君の影も見当たらない

守ろうとした 手のひらで 握りつぶしてしまうよ
ただ 君がいればいいのに こらえ切れずこぼしてた
夜が 少し遠くなった


歌を聴きながら、自力本願のマヒィンを作った。
ハンドミキサーを片手に、室温に戻したバターをクリーム状に練り、
そこに50gの砂糖を加えてさらに混ぜ合わせる。
卵一個分を3回に分けて、入れてから分離しないようになるまで混ぜる。
薄力粉100gとBKを振るい合せたものを加えて、粉がなくなるまで混ぜてから、
牛乳少々で仕上げる。
ここに、レモン汁を入れたりすると、風味が一層豊かになる。

トッピングにブルーベーリーを入れ、200度のオーブンで20分焼く
d0092347_1137758.jpg


クリスマスバージョンにして、贈り物にもよさそうな感じ
d0092347_11372199.jpg
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-12-11 12:17 | 思考

Nice to meet you, Mr. NG

最近身辺に予想外のことが多いような気がする。

予想外や想定外等の用語が進行中の社会現象を風刺するかのような造語として、
話題を巻き起こしている。

ならば、この人も私にとっての予想外。
どこかで見たことがあるようで、
「え?」、急なことで緊張してしまって何も思い出せなかった。
名刺を配られるまでは、意外な顔ではないにしても、
自分のメモリーバンクから取り出した手掛かりの名前と顔がどうも一致しなかった。

もしかしたら......
えー、こんなところでキャンーペンでもやってるかしら?
d0092347_12542416.jpg


SBの予想外兵器、CMでも大活躍中の野口吾郎さんが
電気量販店でPR宣伝していたところをキャッチ!!

番号ポータビリティ制度の実施によってもたらされた利便性が
とんだ迷惑が発生するなんて、
当の野口吾郎さんも予想していなかったに違いないだろう。

番号持ち運びの切替を考えている私が、
この混乱の状況から収束できる方向へ進めていけるかしら?
『まあ、何とかなるでしょ。』
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-10-30 00:24 | 思考

pulling my leg

ちょい悪おやじの代名詞イタリア出身の "ジローラモさん。そもそもちょいわるブームの仕掛け人はだれなんだろう?一説では雑誌「レオン」の編集長岸田一郎氏が、「モテるオヤジの作り方」の特集で大ヒットしたのがきっかけで、以降度々表紙に飾ったジローラモさんが着こなした全身から放たれた野生的なファッションは、ワイルドで逞しいとして世間に注目されるようになった。
それまではおやじのイメージといえば企業戦士?もしくは粗大ゴミ?とされてきたが、それは今となっておやじはちょっと悪ぶった方が女性に敬遠されない錯覚にも似たような現象が起きているのではないか?少なくとも私が度を過ぎないちょい悪おやじがきも~いと思ってない。

私が思うには、生き方や生活スタイルはファッションを通して表現することは決して珍しくない。
逆に言えば、身の振る舞いや着衣がありのままの自分を反映するようなことのほうはむしろ多いではない?

イタリアのブランドが有名なのは周知のこと、それと同じようにファッションにもこだわりがあるようだ。ここからはあくまでも私の主観的な観察に基づいての話ですが、イタリア人の色使いのセンスが抜群に優れている。普通に組み合わせにくい色でも、コーディネイト次第で自己流なんだけど、いいセンスと認められる、そんな美意識はすごーい。

例えば、白、ピンク、ブルーのコーディネイトはこんな感じになる。
d0092347_14371349.jpg


この方はイタリア旅行中でお世話になった大好きなガイドさん、「BGMおやじ」と私が勝手に呼んでいる。
BGMおやじさんのセンスについて語るとなれば、彼曰く、
「I can't go to Milano or Firenze like this way.」
要するに、田舎風な服装で、ミラノやフィレンツェ等の大都市にそのような格好で出かけられないという。
へぇ?そうなの?全然いけてるじゃん、と思っているのに.....
でも、もしその格好で日本に来られたら?ちょっと奇抜に見えちゃうかもね?!

『BGMおやじさん、今日は儲かってますか!?』

【注:BGMは big moneyの略】
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-10-20 15:15 | 思考

Another Hero

「なにを隠そう、私が笑点の大ファンなんでーす!」
この話を口にした途端、取引先の方たちがビックリしたのも、分からないわけではないけど、言葉表面の意味で誤解されるのはよくないから、
「いや、好きなんだけど、聞いても分からない時が多いですよ。
なにしろ日本語の噺だから......」、のように丁重に説明を重ねた。
落語はとても身近な話題をテーマにし、面白いかつ自然なパフォーマンスは聞く人の心を掴んで離さないのが魅力の一つだと思う。また、噺家の体の動きも誇大しながらは下品さはなく、笑いを誘うタイミングを見計らっての計算は見ていて気持ちい-い!
去年からの笑いブームと落語ブームの因果関係は定かではないが、今では落語が若い女性に大人気らしい。落語を聴いてて日本語の多様性または素晴らしさに感心しつつも、この奥深い世界に少しでも近づけることができたら、日本人のわびさびを深層心理から感じ取れるのでは、と思ったりする。

ちょうどその時、仲間から林家いっ平の中国語落語会のことを知り、早速応募してみた。
この日のテーマは動物園。林家いっ平さんが主人公と扮しながら、時には動物園の管理人だったり、動物の象さんやトラさんだったり、動きの一つ一つに無駄はなかった。途中、四声のアクセント高低がはっきりしないところの意味を聞き取れない以外、ミスったこともなく本当に大成功だった!!30分ほどの噺ですべったこともなく、座席から絶えずに笑い声が聞こえたりするから、もう最高!!
林家いっ平さんのチャレンジはこの日に終わったわけではなく、彼がこれからも中国語で落語を広めていきたい、との思いを抱えて語っていた。中日の文化交流がこのような人たちの日々の努力によって支えられているんだって、そう思うと胸がじんとしてしまった。来年はどんな噺が聞けるのか?もう待ちきれないんだよ~。終着点の見えない挑戦はまだまだスタートしたばかりだけど、私と同じ気持ちで応援している方がきっと大勢いらっしゃると思ったら、自分も何かに挑戦したい気分を奮い立たせる。

いつでも遅くはない!
d0092347_13521197.jpg

(写真:落語協会より)
[PR]
by buongiorno2006 | 2006-10-17 13:52 | 思考

as if in a dream

日立製作所のCMソング
この木なんの木 気になる木
名前も知らない 木ですから

CMが入る時、ついつい歌ってしまう。
歌詞もリズムも覚えやすいから、
画面上の大きい木を見ながら音痴のワタシでも歌いだしてしまう。

世界中で日々数え切れないほどの樹木が伐採される中、
植木の重要性が改めてかんがえさせてもらった。

そういえば、イタリアで見た個人的に面白いと思った木がある。
日本の松と種類は違うみたい。
頭の丸みがアフロヘヤに似てない?

見るたびにおかしくて笑ってしまう、ワタシ。
d0092347_194066.jpg

[PR]
by buongiorno2006 | 2006-10-01 18:48 | 思考

Prayer

宗教からのすごい力が感じられる。
特に、決まった時間に宗教的な行事を行っているわけではないけど、
迷いや祈りごとがあるときに、仏さまの声を聞きに行く。
おばあちゃんが毎日朝昼晩線香をあげて、
家族の健康を守ってほしいと神様に願い続けていた。
そのおかげで、家族のみんなが多少病気はしたものの、
すぐ回復して元気で毎日を過ごしている。

古今東西、時空を超えて、
今も宗教なしの生活が考えられない所が多いのでは?
お祈りの考え方ややり方が異なっても、
信仰する気持ちに代わりがないだろう。

今読んでいる女優.中谷美紀さんの著書「インド旅行記」
の中に宗教について、こんな文字が綴られている。

【仕事に生きがいを見出す者もいれば、酒やタバコもしくは人に依存して
心の空虚さを満たす者もいる。自らを犠牲にして人に尽くすことで救われる人間もいれば、
人を傷つけることで癒しを得る人間もいる。人知れず祈りを捧げる人もいるだろうし、
なりふり構わず神仏にすがる人もいるだろう。】
確かに、人々が生きる上で必要な拠り所は、
宗教に求める方法や姿がそれぞれ違うけれど、
最終の目的は人類世界の平和に違いないと信じたい。




台北の保安宮
d0092347_11379.jpg
UNESCOアジア文化財保存受賞
一九○○年の清朝に建てられた


内装がきれいなイタリアの教会
見渡す限り芸術品としか思えないほどの細工
鮮やかな色使いが神聖な雰囲気を醸し出すものの、
ミスマッチしているところが何とも言えないd0092347_1152030.jpg


長野と群馬の県境にあるお寺
日本のお寺の特徴は境内に茂る木々。
神様が木に宿っているさえ思える瞬間だった。
d0092347_1163444.jpg

[PR]
by buongiorno2006 | 2006-09-21 20:30 | 思考

gossip

最近こんなニュース記事を読んだ。

中国本土の公衆トイレにドアがついてないのか?
上海のような大都市には外国からの観光客もよく訪れるので、
常識で考えるとこんなことはないと思う。
実際私が滞在した時にはドア無しの公衆トイレを見たことがない。

記事に書かれた場所はどこなのか不明なので、
真偽はどうであれ、機会があれば
ドア無しのトイレの外観を一度見てみたい。

広い世界で自分が思っている常識が
外の国で通用できるか?そうでない場合は多いのでは?
常識で判断したり批判したりするのは誤解を招くことになりかねないので、
決して賢明ではない。

所が変わればトイレの習慣も違うようで、
その地方の独特の事情があるから、
いまなおもドア無しのトイレが存在するかもしれない。

そういえば、イタリアの宿泊先でトイレを使うときに「これって何?」
というものがある。
d0092347_1716551.jpg

便器は2個あるんじゃん?何で?と思って聞いてみたら、
なるほど右は下半身を洗う時に水を貯めるビデなんだ。
実用性はさておき、東洋人の私にはなじみ薄いものなので、
やっぱり生活習慣からの違いなんだよね。
でも、なかなか面白い!
[PR]
by buongiorno2006 | 2006-09-10 00:02 | 思考
悩み事は髪の毛?

中国語には「煩惱三千絲」の諺が存在するにはわけがある。
私もそんなふうに悩んでしまう。

小さい頃は母親に頼んでカットしてもらったり、
雑誌や友人の紹介で自分らしさを引き出せるヘアサロンに行ったりして、
髪質を改善してもらうとか、常にヘアスタイルには”細心”の注意を払っている。
その理由は、美しくいられるためでなく、
簡単に手入れできる髪型の持続性を保ちたいから。

くせ毛のため、定期的に美容院へ行かないと、
髪の毛が収拾のつかないことになってしまう。
何回か縮毛矯正(台湾では離子燙)をかけて、
暫くの間は髪質は良くなり、サラサラのヘアでいられるけど、
半永久ということが一度もなかった。
施術料金を考えると、そう年に何回もできるわけがない。

だから、湿気の多い夏には、放っておくと雑草のやまに化してしまうほど、
そうならないためには髪の毛を束ねるか短くするか
手間のかからないやり方を模索し続けている。
でも根本はやっぱり髪質にあると思っている。

そろそろ3ヶ月のタイムリミットがくる。
1000元カットは経済的だけど、髪質にあわせるカットはできるのか?
うんー考えてしまう
[PR]
by buongiorno2006 | 2006-08-12 23:49 | 思考