手作り生活に憧れて....


by Buongiorno2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Lion King

拍手が滝のように止まることなく、出演者達のパーフェクトなパフォーマンスに心が奪われ、
客席から一斉に大きな歓声を送り続けている。

5000回の公演を達成した今でも、「ライオンキング」の魅力が尚も継続しているとは、
そのカギとなったものは、今回の舞台を観て改めて深く掘り下げたい、という思いに絡まれた。

舞台裏には俳優さん達の汗と涙の結晶がぎっしり詰まっているに違いないと思うと、
それぞれの精神力の素晴らしさが言葉では表せない、観る人に元気と楽しさを与えてくれる、
すごいものがある。
そして、舞台の表ではその努力が形となり、名実共に高く評価されている。

舞台装置をはじめとする、美術設計による動物、植物の道具が生き生きとして、
アンサンブル達の演技によって、生命力が吹き込まれた。

また、「ライオンキング」を語るとなれば、オーケストラの存在が欠かせない。
音楽も芝居も「生」で楽しめるのは、「ライオンキング」の魅力のその一つだと思う。
実際、生で聞いたオーケストラの迫力とともに、俳優さんの迫真の演技と高度の歌唱力が
観る人のすべてを掴んで離さない。そういう、お芝居なのだ。

劇団四季がアジア交流の一環として、韓国人は中国人の俳優育成にも力を注いでいる。

今回の出演者の中で、シンバ役の田中彰孝さんを目当てのファンが多いらしいけど、
私が注目したのはムファサ役の内田圭さんとザズ役の井上隆司さん。
この二人は演技力はもちろんのこと、顔の表情も実に見事なことで、
前の席から観られてほんとうによかったわ☆

キャストは定期的に変わることで、同じお芝居でも演じる俳優さんによって、
違ったお芝居に観えると聞いたので、今度は2階席からの観劇にしてみたい。

やぁ~感動の3時間があっという間に過ぎてしまい、
カーテンコールの後もしばし余韻に浸っていて、席から離れられない。

幻想的な空間を共有できたことに感謝♪
四季にハマりそうな感じが、芽生えつつ~

d0092347_1734159.jpg
d0092347_17341167.jpg
<キャスト>  
ラフィキ:鄭雅美
ムファサ:内田圭
ザズ:井上隆司
スカー:栗原秀雄
ヤングシンバ:笘篠和馬
ヤングナラ:林愛夏
シェンジ:高島田薫、
バンザイ:池田英治
エド:奈良坂紀
ティモン:小川善太郎
プンバァ:川辺将太
シンバ:田中彰孝
ナラ:上田亜希子
サラビ:井田智子
[PR]
by Buongiorno2006 | 2006-11-30 19:30 | Life